CT検査

contact_tel.png

個人クリニックでは珍しいCTを完備しています。

肺がんCT健診認定医の医師が検査に当たります。

CT検査とは

CT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影):多方向からX線を照射し、コンピュータ処理によって体の内部を画像化する検査です。 全身の観察が可能です。

 

頭部では大脳、小脳  

胸部では肺、心臓、大動脈  

腹部では肝臓、胆のう、すい臓、脾臓、腎臓 

骨盤内では膀胱、子宮、卵巣、前立腺  

その他 甲状腺、乳腺など

  

頭部においてはまだ症状の出ていない微小な脳梗塞(無症候性脳梗塞)を早期に発見し、重篤な状態になる前に薬物療法で予防できます。また胸部レントゲンでは写らない様な小さな肺がんなども早期に発見することができます。腹部においてもがんの発見のほか、緊急に治療が必要な急性腹症(消化管穿孔、急性膵炎、急性虫垂炎、尿管結石、腸閉塞、大動脈解離、卵巣捻転など)の診断にも有用です。

CT検査は超音波検査では見えないところも客観的に観察することができ、病気の早期発見に役立ちます。

 最近日本でのがん死亡者数の部位別統計では、肺がん胃がん大腸がんの順で、死亡者数では肺がんが胃がんを抜いて死亡者数1位となりました。がんの罹患率は男女ともに50歳代くらいから増加し、高齢になるほど高い傾向です。

いずれのがんも早期の治療により生存率も向上します。


さかいメディカルクリニックでは、がんの早期発見と治療につながる、安全で精度の高い検査に努めています。

こんな症状のときに

  • ひどい腹痛や頭痛が続いている
  • 胸が苦しい 息切れがひどい
  • 交通事故などで体を強く打った
  • さまざまな病気の精密検査
  • がんの早期発見

CT検査の特徴

  • 微小ながんを早期に発見できる
  • 全身の検査に使える
  • 検査時間が短い(5~15分程度)
  • エコーでは見えないケースも、客観的な画像診断ができる

こんな病気を早期発見

  • 脳梗塞
  • 大動脈解離
  • 脳腫瘍
  • 慢性肝炎
  • 肺がん
  • 肝硬変
  • 肺炎
  • 膵炎
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  • 膵臓がん
  • 大動脈瘤
  • 尿管結石など

検査の流れ

step1来院・受付

step2問診

症状について詳しくうかがいます。

step3着替え

検査着に着替えていただきます。

step4検査

検査は5~15分ほどです。

step5着替え

検査が終了したら着替えます。

step6診断

検査結果から診断内容をお伝えします。

step7お会計

当院では、即日の検査と診断が可能です。
診断結果に基づき、投薬などの治療を継続します。
必要に応じて、適切な医療機関にご紹介します。

医院紹介診療時間アクセス
093-644-7500