生活習慣病

contact_tel.png

生活習慣の改善と薬物療法を組み合わせて、

治療を進めます。

 

生活習慣病になった場合は、うまく病気と付き合い、悪化しないようにコントロールしていくことが大切です。

代表的な疾患

  • 高血圧症
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 脳卒中
  • 高脂血症(脂質異常症)
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • メタボリック症候群
  • 慢性閉塞肺疾患(COPD)

生活習慣病になる原因

生活習慣病とは、栄養過多の食事、飲酒、運動不足、ストレス、喫煙など、毎日の生活習慣が原因となって発症します。

放置しておくとどうなる?

あまり自覚症状がないため放置されがちですが、進行すると高血圧や糖尿病、動脈硬化といった合併症を起こし、命に関わる危険性が高い病気です。

健康診断や定期健診で発見された小さな異常でも放置することなく、早期に治療していくことで重症化するリスクは軽減できます。

まずは自分の身体の健康状態に関心を持ち、しっかりと検査するところから始めていきましょう。

治療方法

生活習慣病になった場合は、うまく病気と付き合い、悪化しないようにコントロールしていくことが大切です。


当院では、生活習慣の改善と薬物療法を組み合わせて、治療を進めます。


食事や運動の指導も行っています。

糖尿病について

糖尿病とは、ブドウ糖がうまく細胞内に吸収されず、血液中にあふれて血糖値が増える病気です。
食べ過ぎ飲み過ぎなど食生活の乱れ、運動不足、肥満、ストレス、遺伝体質などが原因となり、多くの場合は、膵臓から分泌されるインスリンの働きが低下することによって起こります。

糖尿病は合併症が怖い病気です。
目の病気(糖尿病性網膜症)腎臓の病気(糖尿病性腎症)手足がしびれる末梢神経の病気(糖尿病性神経障害)の3つは糖尿病の三大合併症と呼ばれています。
痛みなどの自覚症状がないまま進行しやすいため、早期に発見し、生活習慣の改善も含めた治療を継続していくことが大切です。
また、糖尿病のコントロールができていないと、細菌などに対する抵抗力が弱まり、さまざまな病気に感染しやすくなります。

BMI(体格指数)

BMI(Body Mass Index)は、肥満度を測る体格指数として、世界的に使用されています。
計算式は世界共通ですが、肥満の判定基準は国によって異なります。

体重〔kg〕÷(身長〔m〕×身長〔m〕)

日本肥満学会が定めた基準

18.5未満 低体重
18.5以上25未満 普通体重
25以上 肥満

BMI22(標準体重)が最も病気になりにくい状態で、25を超えると、生活習慣病の危険性が2倍以上になるといわれています。

睡眠時無呼吸症候群

このような症状はございませんか?

・夜中に何度も目が覚める   ・いびきをかく

・日中いつも眠くなる     ・居眠り運転をよく起こしそうになる

・起床時に頭痛やだるさがある ・夜間の呼吸停止


睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時に呼吸が止まり無呼吸状態になる病気です。

いびきがうるさい、起床時の頭痛、日中いつも眠くなるといった症状があります。潜在患者は人口の2~3%と言われており放っておくと高血圧症、心・脳疾患などに陥ると言われております。

どのような検査と治療をするの?

睡眠時無呼吸症候群かどうかを判断するために携帯型睡眠ポリグラフ検査を行います。自宅でセンサを取り付けて寝ている間に呼吸回数、無呼吸時間をはかる簡単な検査です。必要に応じて精密検査を行います。

検査を行い睡眠時無呼吸症候群だと判断された場合はCPAP療法といういびきと無呼吸状態を少なくするように治療をしていきます。

気になる症状がある方はまずは一度ご相談ください。

医院紹介診療時間アクセス
093-644-7500